防犯面のチェックは必須!女性が安心して暮らせる賃貸は?

物件そのものの防犯性能をチェック

女性が賃貸物件で一人暮らしをするとき、物件の防犯性能がどれくらいあるかを確認しておいた方がいいでしょう。最近は女性専用や女性向け物件などもあり、できればそれらの物件の利用が安心です。宅配業者でも男性が建物内に入れない仕組みにしているところがあります。最低限必要な設備としてはオートロックがあります。これにより物件の部外者が容易に建物内に入れません。ベランダや窓からの侵入に対する備えがきちんとしていると、より安心できるでしょう。防犯カメラが設置されていたり、ベランダの外から入れないような柵が設置されているところもあります。警備会社のシステムが標準でついていれば、万が一何か起きてもすぐに警備会社が駆けつけてくれます。

物件周辺や通勤路が安全かどうか

賃貸物件を選ぶとき、まずは文字情報を中心に探します。賃貸情報雑誌やネットから見られるようになっていて、不動産会社で探してもらうときも文字情報からになります。その中から気に入った物件があれば、実際に下見に行って様子を確認します。女性が賃貸物件を利用するとき、もちろん物件そのもののチェックが必要になりますが、それ以外にも周辺の様子などをチェックするようにしましょう。特に早朝や夜に周辺がどうなるかが重要です。あまり暗いところだと、防犯上住みにくい可能性があります。周辺だけでなく、駅までの経路も確認しておきましょう。暗い道や細い道があるとあまりよいとは言えません。人通りがそれなりにある道が多いところを選んだ方がいいでしょう。

北見の賃貸ならレイアウトや初期費用など希望にぴったりの条件の物件がおすすめです。敷礼ゼロやペット可がいいです。

一人暮らしの賃貸物件

賃貸物件は、転勤が多い家族やローンを組みたくない人、単身者などに需要があります。おしゃれな新しい賃貸もたくさん建っていますが、住んでから後悔しないためにも住みやすい賃貸選びが重要と言えます。ここでは単身者や家族世帯などに分けて、それぞれに合った物件選びのコツについて見ていきたいと思います。